症状からうつ病を見抜く方法【うつ病はストレスによって発症する】

患者数が多い病気です

男性

気軽に治療を受けられます

うつ病患者の数は数百万人とも言われ、ここ数年だけでも10%以上増加しています。一昔前までは、うつ病患者に対する偏見や差別的な意識が蔓延していた時代があります。怠け者や心の弱い人間が患う病気として扱われ、病気である事を他人には言えずにいた人が大勢います。しかし今やこの病気は特別な病気ではなく、誰もがかかる可能性のある身近な病気として認識されつつあります。しかも最近はうつ病についての知識や情報が広く知れ渡る様になり、患者のいる家庭や職場でも周囲の理解を容易に得られる様にさえなっています。気軽に近所のメンタルクリニックを利用する事で症状を悪化させずに回復させる事ができます。そしてうつ病は突然発病するものではなく、様々な要因が積み重なって心身の変調を生じさせる病気です。前兆となる症状に早く気が付き、適切な治療を受ければ短期間で社会復帰する事も可能です。うつ病の初期症状として多いのが気分の落ち込みや漠然とした不安感です。中には倦怠感や疲労感といった身体的症状が目立つ人もいます。更に集中力や判断力も低下してくるので、日常生活だけでなく仕事にも影響を及ぼす様になります。健康な人は数日で気にならなくなりますが、2週間から3週間以上続く様なら心の病を患っている可能性があります。この様な症状が頻繁に見られる様になったら、専門医による診断と治療が必要です。そして治療期間中の過剰な励ましや勇気付けの言葉は本人へのプレッシャーとなり逆効果になる事があります。まずは生活の場が癒しの空間となる様に心がける事が大切です。この様に患者に対する接し方等についての配慮が十分になされていれば、治療効果を高める事ができます。うつ病の初期症状に気がついたら、できるだけ早く専門の医療機関で診断と治療を受ける事が必要です。心の病は精神科や心療内科を利用するのが一般的ですが、とりあえずかかりつけの医師に相談してみるのも良い方法です。日本の医療では一般診療医や総合診療医との連携が大きな課題となり、今後は医療サービスの向上が期待されています。そして中には本人が病気であるという自覚に乏しく、周囲の勧めにも応じない場合があります。その様な場合には家族だけでも精神保健福祉センター等の相談機関に足を運ぶ事で第3者の意見を聞く事ができます。症状によっては適切な医療機関の紹介もしてくれます。精神科等でうつ病であると診断を受けたら、医師による治療方針についての説明を受けます。治療は抗うつ剤による薬物療法が中心になりますが、必要に応じて心理療法も受ける事ができます。そして抗うつ剤というと副作用への不安を抱き、治療を受ける事を躊躇う人もいます。しかし最近広く使用されている新しいタイプの薬は比較的副作用が抑えられているので、安心して治療を続ける事ができます。そしてこの病気を患う人の殆どは性格や気質に共通の癖があります。病前性格として知られているのが執着気質や循環気質の傾向がある人です。完璧主義であったり、仕事熱心な事から職場でも良い印象を持たれたりしている人が多いのが特徴です。この様な人は些細な事で心が折れやすく、うつ病になる可能性が高いです。その様な人への心理療法で高い効果を発揮するのが認知行動療法です。偏った考え方や見方を修正していく事で現実に合う幅広い物事の捉え方ができる様に訓練していきます。この様な治療方法を組み合わせて受ける事で心の回復を試みていきます。

Copyright© 2018 症状からうつ病を見抜く方法【うつ病はストレスによって発症する】 All Rights Reserved.