症状からうつ病を見抜く方法【うつ病はストレスによって発症する】

規則正しい生活を送りたい

病院

治療に掛かる費用の相場

健康な人は一時的に気分が落ち込んでも、1、2日で回復することが多いですが、うつ病に罹ると憂鬱な気分が3週間以上続いたり、家事や仕事に悪影響が出たりすることもあります。些細なことでもイライラしたり、不安や緊張を感じやすかったりする傾向があります。早朝から午前中は気分が優れない人が多いですが、夕方になると少し回復する人が多いです。うつ病に罹ると憂鬱な気分や不安感だけでなく、食欲や性欲などの本能的な欲望が低下したり、睡眠障害がみられたりすることが多いです。夜間や早朝などに覚醒しやすくなったり、逆に眠りすぎてしまったりする場合もあります。うつ病が疑われる場合は、家族に付き添ってもらい、精神神経科の病院やクリニックを受診することが大事です。問診やカウンセリングが受けられるので、不安や悩みを相談すると良いでしょう。うつ病は抗うつ剤や抗不安薬、睡眠導入剤などを処方されますが、薬物療法は大変有効なので、1、2か月ぐらい続けていると、心身の調子が良くなってきます。うつ病は良くなったり、悪くなったりを繰り返す病気なので、症状が改善してきても薬の服用を中断したり、勝手に減らすのは避けて下さい。脳内のセロトニンの分泌量が低下すると、症状が悪化しやすいので、日照時間の短い冬の時期は注意をしましょう。十分な休息や睡眠が必要な病気なので、夜更かしは避けて、朝型の規則正しい生活を送ることも大事です。昼夜が逆転する生活をしていると、病気の症状が悪化する原因になります。乳製品や鶏肉などの食品は心身を安定させる働きがあるので、適量を食べると良いでしょう。うつ病は早期に発見して、適切な治療を受けることで社会復帰が可能な病気です。精神神経科の病院やクリニックで、病気が診断された人は医療費がどれぐらい罹るか不安を持っている人が少なくありません。病気が診断されると1週間から、2週間に一度通院をする必要がありますが、処方される薬の種類や数によっても医療費が違ってきます。なるべく医療費の負担を減らしたい人は、市役所や役場などで自立支援医療の手続きをすることで、医療費の負担を3割から、1割にすることができます。自立支援医療の手続きをする時は、医師の診断書や同意書、申請書の提出が必要になります。自立支援医療の申請をすると受給者証が届くので、診察の時に持参すると良いでしょう。うつ病は症状によっては、入院の必要がなく通院による治療が中心になります。診察代や薬代などの他に、カウンセラーにカウンセリングを受ける時は、別途で費用が必要になります。うつ病の症状が安定してくると、服用する薬の量も減少してきますし、通院の回数も減ってくるので毎月の負担が減ってきます。精神神経科の病院やクリニックでは、保険適用の治療が受けられるので安心して通院ができます。初めて医療機関を受診する時は、医療費や薬代の他に初診料も必要になります。一時的に入院による治療を受ける場合は、治療に掛かる費用の他には、差額ベッド代や部屋代なども必要です。地元で評価の高い精神神経科のクリニックや病院を選ぶと、費用も平均的な相場になっているので、安心して治療が受けられます。

Copyright© 2018 症状からうつ病を見抜く方法【うつ病はストレスによって発症する】 All Rights Reserved.