症状からうつ病を見抜く方法【うつ病はストレスによって発症する】

メンタルな悩みは専門医へ

ハート

現在は新型も増えている

仕事や学業はもちろん、家庭の中でも生活していれば、ストレスや辛いできごとに見舞われるのは珍しい話ではありません。とはいえ一時的に辛くても、好きなことをしてストレスを発散したり、時間の経過によって心のダメージも通常なら修復されたりします。ところが悩みや辛さが大きい場合、放置すればうつ病に転じ、数々の症状を引き起こすことがあるのです。ともすれば本人の意思とは無関係に病状が進みますので、悩みや心の辛さが長引くようなら、精神科や心療内科を使って治療しておきましょう。ですが精神科や心療内科では抵抗を感じ、行きにくいようであればメンタルクリニックを探すのも有効です。基本的にメンタルクリニックは精神科医や心療内科医が治療に当たっており、内容的に違いはありません。周囲の目が気になるといった場合でも、メンタルクリニックの看板なら気軽に入れますから、その際は活用してみるのがおすすめです。気軽に通院できるとはいえ医療機関ですので、必要があれば症状に合わせて抗うつ剤などを処方してくれます。抗うつ剤には副作用が少なく、不眠にも効果的な薬がありますから、既にうつ病の症状が出ているなら、お近くのメンタルクリニックを探して早めに相談してみましょう。もちろん、診療科名の看板に抵抗感をお持ちでなければ、精神科や心療内科の医療施設を受診しても構いません。その時は不安感やイライラ、ないしは不眠などが強ければ精神科を利用し、精神面の不調が原因で体に症状が出ている状況なら、心療内科を利用するのがベターです。良く知らなければ全部一緒と判断される場合も多いのですが、うつ病には種別もあり、なりやすい性格や症状の出方が異なります。例えば大うつ病性障害は従来から見られる一般的なうつ病のことで、主に中高年の方が多く、几帳面で強い責任感を持つ方が掛かりやすいのが特徴です。症状としては憂うつな気分から抜け出せず、好きだった趣味などを含めて何ごとにも興味を失い、それに伴って思考力や食欲が低下します。さらに、うつ病を患った原因は自己にあると考え、自責の念に駆られる傾向が見られるのも特色です。ところが、近年ではこの定義におさまらないタイプも登場しており、それらは非定型うつ、もしくは新型うつ病などと呼ばれています。このタイプは若い人に多く見られ、疾患が出ている間は通常のうつと変わりませんが、症状の出方は環境によって変化するのが特徴です。殆どの場合、学校や仕事といった発病原因のストレスに晒されている最中はうつ症状が出るものの、その環境から離れれば普通の状態に戻ります。従来のうつは環境が変わっても気持ちは塞ぎ込んだままですが、新型は心の落ち込みが回復するのが大きな違いです。そのほか、うつであることを自発的に認め、その原因は自己でなく他者にあると捉えるのも、従来型との相違点になっています。さらに精神科や心療内科へも積極的に通い、診断書を得て療養休暇を申請したり、その間にレジャーを楽しんだりすることも可能です。ただしそれで治ったという訳ではなく、学校や職場に戻り、発症原因のストレス環境に身を置けば、再びうつを発症するといった特質を持っています。

Copyright© 2018 症状からうつ病を見抜く方法【うつ病はストレスによって発症する】 All Rights Reserved.